チャンネル「てみた」

ソマリア沖の海賊を壊滅させたのは政府でも軍隊でもなく「すしざんまい」の社長だった!

マグロの初セリで毎年お馴染みの「すしざんまい」の木村社長。
新年のニュースやお正月の特番などで多く取り上げられることが多いので皆さんもご存じですよね?
そんな木村社長の物凄いエピソードをTwitterユーザーの稲葉渉 (@inabawataru)が紹介し話題になっています。

ソマリア沖の海賊を壊滅させる

ホントに!!?

「すしざんまい」が年間300件の海賊被害をゼロに

ソマリア沖じゃ一時は年間300件、海賊による被害があったそうですが、うちが行くようになって、この3年間の海賊の被害はゼロだと聞いています。よくやってくれたと、ジブチ政府から勲章までいただきました。
『ハーバー・ビジネス・オンライン』

どうやって壊滅させたかというと

外務省のHPより

ソマリアの海賊被害が確実に減って亡くなっていっていることがわかります。

Twitterの反応

●すしざんまい食べたくなってきた!
●世界に誇れる日本の経営者がまた一人ですね。
●政治じゃなく民間企業が非暴力で海賊を壊滅させた。これはかっこいい!

すしざんまい経営者の木村さんは現地の人が生きるために海賊をやっていることを知り、マグロ漁船を用意し、技術を伝え、魚の流通をさせたそうです。
商売とは・・・とても深く考えさせられました。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP