チャンネル「てみた」

浦島太郎のおとぎ話を英語から日本語に再翻訳してみた・・・とんでもない表現力に!

参照:Twitter(デストロイヤーだでくんさん)
(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

再翻訳された浦島太郎

その内容がこちら

背面ストライブのタロイモと命名される空気ダンディズムの好青年がカメを助けて竜宮城へ招待されると、そこは、メデューサのひらめ筋大会

そこでドリームライクな日を過ごし、3日はうっかり過ぎました。

プリンセス・オブ・ザ・ドラゴンパレスから、ギフトの秘蔵ボックスを受け取りますが「帽子は持ち上げないでください。」と言われたにもかかわらず、背面ストライブは、秘蔵ボックスを開けてしまうとサルガッソーイン・ザ・スカイ。

毛がジャンキーに拡張した純白高齢者になってしまいました。

Twitterの反応

えーっとツッコミどころはたくさんあると思いますが、順を追って見てみましょう。
いろいろと訳が分からないことになっていますが、Twitterの方たちによる解読が行われてました。

背面ストライブのタロイモ

な、なるほど。

背面ストライブのタロイモ → 浦島太郎

次は・・・

空気ダンディズムの好青年

空気ダンディズムの好青年 → 気立ての良い青年

よし! 次!

メデューサのひらめ筋大会

結局謎は解けぬまま・・・。

気を取り直して次!

プリンセス・オブ・ザ・ドラゴンパレス

まあこれは・・・
『竜宮城の乙姫様』でしょうね。

よし! 次!

サルガッソー・イン・ザ・スカイ

サルガッソー・イン・ザ・スカイ → モクモクと煙が立ち込めました

よし! 次!

毛がジャンキーに拡張した純白高齢者

毛がジャンキーに拡張した純白高齢者 → 白髪のおじいさん

文才半端ないですね・・・。

ふぅ。
少しはこれで筋が通ったお話になったでしょうか。

それにしてもサルガッソー・イン・ザ・スカイ・・・格好良すぎませんか。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP