チャンネル「てみた」

新聞に投稿された作文の臨場感が凄すぎて読むとお腹が空くと話題に

Twitterユーザーのフー (@_fuux)さんによって投稿された大阪の高校生の作文が話題になっている。 タイトルは『てんぷら』というタイトルで作者のてんぷらに対する情熱が綴られた臨場感溢れる作文が「読むだけでてんぷらが食べたくなる」と話題になっている。

その作文がこちら。

てんぷら

今、僕はてんぷらが食べたい。
アツアツのあげたてのてんぷらが食べたい。
そのてんぷらを、あの黄金色の出汁に、ころもがビチャビチャにならない程度にあさく、くぐらせて、かぶりつきたい。
そして出汁にはアクセントに、もみじおろしをとかしていただきたい。
僕のこだわりで魚のてんんぷらは、塩でいただきたいのだ。
ここは、あえて邪道とおもえるような、カレー塩でいただきたい。
さつまいものてんぷらは、そのままほおばりたい。
甘さが口の中であばれだすからだ。
てんぷらをあげる音が聴きたい。
「ジュクジュクジュク」なんとおなかをすかせてくる音なのだろうか。
今、教室で作文をかいているが、そんなことほっといて、学校の門をとびこえ
にげだし、てんぷらのお店にかけこみたい。
そしてたらふくと、てんぷらが食べたい。
口の中が油っぽくなったら、1回緑茶で口をリフレッシュさせたら、
また、てんぷらをたべだしたい。むがむちゅうにてんぷらがたべたい。
てんぷらは、すごい食べものだ。 こんなにも人の頭のなかをてんぷら一色にさせる魅力があるのだから。
そして最後に、今、これだけ言いたいことは、エビ天が食べたい!!

P012195394_480

image

これを読んだ人からは

その他にも「食べたくなる!」 「なんだかお腹が空いてきた!」 など多くのコメントが寄せられていました。
私もこの作文を読んでてんぷらが食べたくなったので賛辞を込めてシェアしたいと思います。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP