チャンネル「てみた」

中国の宇宙ステーションが制御不能に。2017年に地球に落下の可能性

中国は、2011年に打ち上げた宇宙ステーション「天宮1号」が制御不能になったことを正式に発表。

iss

「天宮1号」は軌道上をいつまでも回り続け、機械に寿命が来た後は、地球からの遠隔操作によって無人の海洋に落下させるか、大気圏中で燃え尽きさせるはずだった。
ところが、制御不能となったため、軌道上にとどまることさえ出来なくなってしまった。

中国政府は、「来年の後半には天宮1号が地球に落下するだろう」と発表した。
落下地点の予測は立たず
制御不能となった天宮1号が、いつ落下し始めるか、そしてどこに落下するかは誰にも分からない。
著名な宇宙物理学者であるハーバード大学のジョナサン・マクダウェル教授はこう言う。

中国はもし地球に落ちてきても、ほとんどが大気圏で塵になって無くなるといっているようですが、落下の可能性も十分に考えられるそうです。それだけの耐久性をもって作ってるので当然でしょうね。
中国は塵になるといってるようですがマクダウェル教授はそんなことはありえないとおっしゃっているそうです。
制御回復に努めてはいるそうですが、果たして・・・

へんにかんぐってそういう制御不能っていう名目で、どこか狙ってるんじゃないかと邪推を・・
とにかく地球に危険が及ぶようなことがないことを祈るばかりです。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP