チャンネル「てみた」

「大型犬はいるのに何で大型猫はいないの?」という質問の回答が「猛獣すぎるから」・・・なるほど納得!

「イヌは様々な大きさの種類がいるのに対してネコは何でほとんど差がないの?」という質問に対して新潟大農学部助教授の答えと、その要約がとっても的確と話題になっています。

そのツイートがこちら

画像の文字を起こしてみました↓↓

質問内容

犬には超大型犬から極小犬までいますが、猫はそんなに大きさに差がないのはなぜですか?

なるほど納得な回答

ネコでも作ろうと思えば野生の近縁種や大型種を掛けあわせてもっと大きい猫種を作れると思いますし、可能なら手っ取り早く、トラやライオンを数世代にわたっておとなしい性格の固体を選別して繁殖させ家畜化することもできるでしょう。

でも、道を歩いていて体高1mの野良ネコがいたら、あなたは恐くないですか?
100kg近くにもなる犬種を特別な許可なしに飼えるのに、イエネコ以外のネコ科の動物を飼うのに保健所と警察の許可がいるのは何故でしょうか。
なぜなら、イヌとネコでは戦闘力が違い過ぎるからです。

セントバーナードやマスチフと同大のネコはピューマやヒョウですがピューマは体重が350kgもあるグリズリー(アメリカクロクマ)より猛獣です。

30kgほどのオオヤマネコでも、シカやイノシシを殺します。
今のネコの大きさ(3〜12kg)が普通に人間が危険なく飼える限界なのです。

とのこと。要約するとまおさんの
「大型猫を品種改良で作ろうと思えば作れるけど、ネコはマジで猛獣だから作ってないんだ」ということです(笑)

確かに、夜中歩いていて大型の猫に出くわすと怖いですよね(笑)

Twitterの反応

ウチのネコジマン

猫の可愛さをみんなにも伝えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP