チャンネル「てみた」

テキサス大学アメフト部の名コーチがダレル・ロイヤルが生徒に送った手紙が素敵

皆様は『ダレル・ロイヤルの手紙』というのをご存知でしょうか?

『ダレル・ロイヤルの手紙』とはテキサス大学アメフト部のコーチだったダレル・ロイヤル氏が、たくさんの挫折や失敗を経験した選手たちが、夏休みの帰省中に彼が選手たちへ送った手紙なのです。
これが本当に素敵な内容なので皆さんとシェアさせてください。

ダレル・ロイヤルの手紙

打ち負かされる事自体は、何も恥じるべき事ではない。打ち負かされたまま、立ち上がろうとせずにいる事が恥じるべき事なのである。ここに、数多くの人生での敗北を経験しながらも、その敗北から這い上がる勇気を持ち続けた、偉大な男の歴史を紹介しよう。

1832年 失業

1832年 衆議院選、落選

1833年 事業倒産

1834年 衆議会議員当選

1835年 婚約者死去

1836年 神経衰弱

1838年 衆議会議長落選

1845年 下院議員指名投票、敗北

1846年 下院議員当選

1848年 下院議員再選失敗

1849年 国土庁調査官を拒否される

1854年 上院議員落選

1856年 副大統領指名投票敗北

1858年 上院議員、再度落選

そして1860年 、アブラハム リンカーンは第十六代 アメリカ合衆国大統領に選出された。

諸君等も三軍でシーズンを迎え、六軍でシーズンを終えるかも知れない。或いは一軍で始まり、四軍で終わるかもしれない。諸君等が常に自分に問うべき事は、打ちのめされた後、自分は何をしようとしているのか?という事である。 不平を言って自分を情けなく思うのか、それとも闘志を燃やし再び立ち向かって行くのか、という事である。 今秋、フィールドでプレーする諸君等の誰もが、必ず一度や二度の屈辱を味わされるだろう。 今まで打ちのめされた事が無い選手等、存在した事は無い。ただし、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうと努める、並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い、そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。

25689989630-620x333

この手紙は選手たちだけじゃなく 今こうして、インターネットを通して、私たちにも届きました。
まだまだ多くの人に読まれるべき手紙だと私は思います。
赤ちゃんって、どれだけ失敗しても立ち上がって歩こうとしますよね?
立てるかどうかなんてわからないし、何度も痛い思いするのに立ち上がろうとするんです。
『できない』って思ってないんですよね。 『できるまでやるから できる』
不思議な原理ですけど、とにかく自分を信じてできるまでやるって大切なんだなって思います。
 
よかったら皆さんのお友達にも この手紙をシェアしてあげてください。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP