チャンネル「てみた」

テイラー・スウィフトがアーティストを守るために発信したメッセージが心に刺さる

Apple Music

先日発表になったAppleが手がける音楽ストリーミングサービスにおいて、ユーザーが無料で3ヶ月お試しができる期間もアーティストに対価が支払われるべきだとして、歌手のテイラー・スウィフトはApple Musicへの自身の音楽配信をしないことを表明していた。 世界の音楽の再生回数の多くを一人で占めているとまで言われているテイラー・スウィフトのこの決断はAppleを動かし、Appleはすべてのアーティストに対価はちゃんと払うと公式に発表するに至った。
このAppleを動かしたテイラーの文章が素晴らしいので紹介させてください。

taylor-swift-presenting-jpg

テイラー・スウィフトの言葉

Appleはずっと、そしてこれからも、私の音楽販売とファンとのつながりを作ってくれる最高のパートナーの1社であるはずなので、今回の決断について説明する必要があると思います。私は同社を尊敬しています
Appleが有料のストリーミングサービスを提供することは素晴らしいと思います。(中略)また、この素晴らしい企業が無料の3カ月間、アーティスト、作詞作曲家、プロデューサーに支払うだけの十分なお金を持ち合わせていることも知っています

Appleがこのポリシーを変更し、この件で大きな影響を受けるであろう音楽業界の人々の気持ちを変えることはまだ可能だと、敬意を込めて提言します。初めてのシングルをリリースし、その成功に対する報酬が得られない新人アーティストやバンドにとって問題。歌を世に出し、やっとその著作権で今までの負債から抜け出せると思っていた若い作詞家にとって問題。業界のパイオニアであるアップルのクリエイターやイノベーターと同じく、休むことなく新しいものを生み出し続けるプロデューサーにとって問題。1年の4分の1、関わった曲に対して、彼らにその対価が支払われないの。

私達はiPhoneを無料にしろとは言いません。どうか、私達に音楽を無料にしろと言わないでください。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP