チャンネル「てみた」

ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」そのベスト5が心に刺さる

ASFDA

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。
これがもっとも多いのだとか。

 

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

男性にこの後悔をする人が多いそうです。もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだとか・・・。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

世間や周りの目をきにしすぎたという後悔。もっと自分を出していればと・・・。

4. 「友人関係を続けていれば良かった」

人生最後の数週間に、人は友人の本当の大切さやありがたみを噛みしめるのだとか。そして、連絡が連絡をとっていない友達のことを考えるそうです。
もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔・・・・。
 

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人が本当に多く、変化を無意識のうちにに恐れて選択を避けていた人生に気づき、
後悔をもったまま去っていく人が多いのだそうです。

参照元:the guardian

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP