チャンネル「てみた」

メキシコの漁師とアメリカのMBAコンサルタントの話が何やら深いとネットで話題に

ビジネスジョーク

メキシコの漁師とMBAコンサルタントの話をご存知でしょうか? これはインターネット上でよく話題になる話なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。この話はいろいろなことを考えさせてくれるので私は大好きな話です。もともともは欧米で使われるビジネスジョークからきていると言われています。

漁師とMBAコンサルタント

メキシコの海岸沿いの小さな村に、MBAをもつアメリカのコンサルタントが訪れた。
ある漁師の船を見ると活きのいい魚が獲れている。

コンサルタントは聞いた。

「いい魚ですね。漁にはどのくらいの時間かかるのですか?」
「そうだな、数時間ってとこだな。」

「まだ日は高いのに、こんなに早く帰ってどうするのですか?」

「妻とのんびりするよ。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しみ、それで、寝ちまうよ。」

それを聞いてコンサルタントはさらに質問をした。
「なぜもう少し頑張って漁をしないのですか?」

漁師は聞き返した。
「どうして?」と。

「もっと漁をすれば、もっと魚が釣れる。それを売れば、もっと多くの金が手に入り、大きな船が買える。そしたら人を雇って、もっと大きな利益がでる。」

「それで?」と漁師は聴く。

コンサルタントは答える。
「次は都市のレストランに直接納入しよう。さらに大きな利益がうまれる。そうしたら、この小さな村から出て、メキシコシティに行く。その後はニューヨークに行って、企業組織を運営すればいいんだよ。」

「そのあとはどうするんだ?」漁師はさらに聞いた。

コンサルタントは満面の笑みでこう答えた。
「そこからが最高だ。企業をIPOさせて巨万の富を手に入れるんだ。」

「巨万の富か。それで、そのあとはどうするんだい?」と漁師は最後に質問した。

「そしたら悠々とリタイヤさ。小さな海辺の町に引っ越し、家族とのんびりシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と戯れ、夕暮れにはワインを傾けながら妻と会話を楽しむ。のんびりした生活を送れるのさ。」

漁師はため息をつき、やれやれ、という顔で一言を付け加えた。

「・・・・そんな生活なら、もう手に入れているじゃないか。」

というようなお話です。もちろん、漁師のように家族とのんびり暮らすことは素晴らしい。 ただし、挑戦し続けた人生と挑戦をしなかった人生で見える世界はやはり違いますよね。 なので、一概に漁師が羨ましいとも思えないし MBAのコンサルタントが正しいとは言えないですね。 なにより、どんな選択をしたところで人生は一本道ではないです。常にたくさんの選択肢があり、十人十色の結果と価値観がありますからね。 この話は「幸せの価値観」の違う二人の人間が同じテーマで議論したときの噛み合わない感じが面白さなのでしょうね。




この話を読んでみなさんはどう感じて、何を思いますか?

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP