チャンネル「てみた」

ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」の秋田県の抗議によりタイトル変更←当然やろ!

AKB48の渡辺麻友が主演する4月スタートのドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」というタイトルに秋田県が局部切断を連想するからタイトルを変更してほしいと抗議し、制作サイドはタイトルを変更することになったということです。現在、タイトルは未定のまま。
しかし、この抗議に一部ネット上では 「きりたんぽでそんなことを連想したことはない」「ここから局部を連想する想像力のほうが凄い」「そんな拡大解釈する人はどんなことでもそう思っちゃう」など 秋田県の抗議がクレーマーに近いのではないかという意見が。

しかし、よくよくドラマの内容を確認すると

ドラマの概要は、企画・原作は秋元康氏で、昭和11年に東京都荒川区で女が交際中の男性を殺害し局部を切り取った阿部定事件をモチーフにしている。

いや、そりゃ抗議するって! 放送開始したら、阿部定事件ときりたんぽが完全に結びつくもの・・・。
このタイトルにしたら面白いね!くらいで 秋元康は考えたのかもしれないけど、秋田県としてはいい迷惑としかいいようがない。
ヒットのためなら どんなことでもやっちゃうよなぁ

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP