チャンネル「てみた」

蓮舫議員『二重国籍を自覚していた』という事実が過去の発言から判明!さらに炎上

今、二重国籍問題で話題の蓮舫議員。 当初は20歳になる前に国籍を抜いたと言っていましたが話が二転三転・・・。現在、国籍問題をめぐって大きな問題となっています。そんな中でこんな記事が発見されました。
25歳になった蓮舫氏が、二重国籍を自覚していたことの確証。週刊現代の1993年2月6日号の、作曲家の三枝成彰との対談記事です。

c487c193-s

88453176-s

8c396517-s

出典:facebook
そして、現在蓮舫議員にかかっている疑惑がこちら
①公職選挙法違反
1985年官報と2004年選挙公報の記載の不一致による 公文書不実記載。
外国籍を隠す目的で、2004年選挙公報とHP上に帰化と虚偽の事項を公表。
以降、3回に渡って参議院議員に当選。
証拠隠滅を目的として2016年にHP上の記述を削除。
本人は二重国籍であったが、認識は無かったと説明しています。

②国籍法違反

日本国籍と中華民国国籍を二重に取得、維持。
2016年現在でもこの状態が継続している事を既に認める告白を 行っています。
期間は26年~31年間で供述は二転三転している状況です。

③戸籍法違反
26~31年間に渡り違法な戸籍を取得、行使

④旅券法違反
日本国パスポートと中華民国パスポートを二重に所持。
2016年現在、有効な中華民国パスポートを所持していなければ
実施出来ない行政手続き(国籍喪失申請)を中華民国に対して
行っている旨の告白を行っています。

蓮舫議員がこれまでに発言してきた矛盾を紹介しますと・・・

蓮舫「生まれた時から日本人」→矛盾
「17歳で国籍離脱」→矛盾
「18歳で帰化」→矛盾
「二重国籍の事実はない」→矛盾
「一つの中国だから中共の法律適用」→矛盾
「ずっと日本人の認識」→矛盾

あげていくとキリがなくなって語れば語るほど前回言ってることと違うといった形に。
始めから「申し訳ありませんでした。手続きをさせてください」と言っておけばまだ違った形もあったかもしれないのに。あと、台湾を国家としない系の発言で台湾人からも大ブーイングが起きてるようです。八方塞がり状態の蓮舫議員、今後の動向に注目が集まります。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP