チャンネル「てみた」

【なんで?】甲子園で女子マネージャーが甲子園のグラウンドに。大会関係者が制止

 第98回全国高校野球選手権大会の甲子園練習が2日、甲子園球場で行われ、大分の女子マネジャーがユニホームを着てグラウンドに立ち、大会関係者から制止される一幕があった。
 大会規定では危険防止のため、グラウンドに立つのは男子のみと明記されている。甲子園練習も準じる形になるが、手引きには男女の明記がなく、ジャージでの参加は禁止、ユニホーム着用とだけ書かれていた。そのため廣瀬茂部長は「私が勘違いしていました。彼女は一生懸命頑張ってきたので、グラウンドに立たせてあげようと思って…。本当に申し訳ありません」と女子マネジャー・首藤桃奈さん(3年)のユニホームを新調し、甲子園練習に練習補助員として参加させた。
 守備練習では慣れた手つきでノッカーへボールを渡し、約10分が経過した頃、大会関係者が気づいて制止。首藤さんは「やっぱりダメなんだと思いました。いつもやってるんですけど、甲子園ということで緊張して手が震えました」と言う。

fasdfasda

参照:daily.co.jp
(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

高校野球自体は大好きですし、素晴らしいと思います。
ただ、こういうルールまだあるんですか? 選手といっしょに甲子園目指してがんばってきて いつもグラウンドで同じように汗を流して 声を枯らしてきたんだと思います。こういうルールもう無くしていきませんか? まだ若い高校生にこうした大人の現実と向き合わせるのは本当に申し訳ないです。 

ネットの反応

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP