チャンネル「てみた」

東京の都議が都に対して「韓国人学校より保育所を」とした訴えが話題に

東京の都議が都に対して「韓国人学校より保育所を」と訴えた。
しかし、そのツイッターに「ヘイト野郎」などという返信が多く寄せられているのです。

都議会議員(大田区選出)の
柳ヶ瀬裕文氏のブログより抜粋

asdfasdfa

韓国人学校だけ優遇される理由はなにかという点です。都内には認可された外国人学校が26校ありますが、そのほとんどは自前で土地を確保し、校舎を建設しています。外国人学校の国別内訳を見ると、アメリカ・イギリス・フランス・台湾・韓国・北朝鮮となっており、他は対象国を定めないインターナショナルスクールとなっています。

つまり、ほとんどの国の外国人学校は存在しないのです。中国人学校ですら都で認可はされていません。そのようななか、韓国人学校は既に新宿区に存在しており、2校目を増設したいという要望なのです。

「なんだ、韓国人学校に貸す土地があるのなら中国人学校にも貸してくれ」と中国から要請を受けたらどう対応するのでしょうか?「大統領に要請されたから」といって、バランスや必要性をどこまで検討したのか疑問が残ります。

最後に、一番驚いたのが、都が国(日本政府)と何も話をしていないという点です。担当者から聞いて愕然としましたが、朴大統領から都知事が依頼され国が関与することなく、土地の受け渡しが行われようとしているのです。

続いて柳ヶ瀬都議のツイート

これを見た人の反応

●都知事がこんなことでいいの?
●確かにこれ韓国だけやる理由がわからない。必要ならばやればいいけど必要な理由がわからない。
●優先順位がおかしいね
●そもそも教員が足りないから数が減ってるだけじゃないの? そこも改善しないと・・・

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP