チャンネル「てみた」

薄毛治療の方法に近づいた東京医科歯科大学の西村教授の動機に我ら男性から大声援

 人は年をとると、なぜ頭の毛が薄くなるのか。その仕組みを、東京医科歯科大学の研究チームが解明したと発表した。
発表したのは、東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究チームで、年をとると薄毛になる仕組みを解明するため、毛を生み出す細胞を作る「幹細胞」に着目し、その幹細胞の一生を追跡する研究を行ったという。

 研究の結果、この幹細胞は、年齢が若いうちは毛を生み出す細胞を作り続けるが、年をとると、作る能力が低下し幹細胞がふけや垢(あか)となって皮膚からはがれ落ちることがわかったという。このため、徐々に毛根が小さくなり、それにつれて、生えてくる毛も細くなって最終的には生えなくなるという。

 毛根が小さくなり薄毛になるのは、これまで男性の特徴と考えられてきたが、今回の研究で、毛根は性別に関係なく、年をとると小さくなることもわかったという。

 幹細胞にあるタンパク質の一種「17型コラーゲン」の減りを抑えることで、薄毛の進行を抑えられることもわかっていて、西村教授は「5年から10年の間に治療薬ができれば」と話している。

この発表をもうご存知の方もいらっしゃると思います。
本当に我ら男性の希望ともいえる大発見といっても過言ではないでしょう。 1年でも早く一般販売されることを望む声が多く見られる中でTwitterでは西村栄美教授の研究の動機を勝手に判断しちゃった投稿が・・・。

CabMJifUsAA4PvR

邪推ですよ・・・。 この人は説明しただけかと・・(汗)
我ら男性の為、そして教授の為にも必ず達成してくださいね♪

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP