チャンネル「てみた」

パチンコに生活保護使っていた受給者に生活保護を停止した別府市に賛否!なぜ?

2014年と2015年、大分県別府市で、パチンコ店・競輪場を訪れていた生活保護利用者に対して、生活保護の停止(中断)という処分が行われた。「よくやってくれた!」という賛辞も多数集まっている別府市の対応を、どう考えればよいのだろうか?

2015年12月15日、大分県別府市の市議会での一般質問において、驚くべき事実が明らかになった。

別府市福祉事務所は、2015年10月5日~30日の25日間、35名のケースワーカー(うち10人は非常勤)全員をそれぞれ延べ5日間動員し、市内の遊技場(パチンコ店13軒と市営競輪場)の巡回調査を行った。福祉事務所は、遊技場を訪れていた生活保護利用者25名に対して指導を行い、この期間に2回以上にわたって遊技場を訪れていた9人に対しては、生活保護を1~2ヵ月停止(中断)する処分を行った。この生活保護利用者たちは、「遊技場には立ち入らない」という内容を含む誓約書を、事前に別府市に提出していたという。

この出来事は、賛否とも大きな反響を巻き起こしている。「よくやってくれた!」という賛辞もあれば、「パチンコ競輪が生活保護法違反なのではなくて、別府市の処分が生活保護法違反では?」という批判もある。

このニュースを受けての反応

●称賛しかない
●パチンコ、競馬、競輪、競艇といった賭博要素のある遊興を生活保護受給者が利用することは明確に禁じなければいけない受給条件としても最初から盛り込むべきなんだよ
●パチンコしたいならゲーセンに行けよ。この人達のやりたいのはパチンコそのものじゃなく賭博
●むしろ行政は収入などを調査してパチンコ許可証を発行し、 それがなければパチンコには入店できないようにするべき!
●まじめな労働者を馬鹿にしすぎだろ 別府市もっとやれ

など、多く生活保護受給者がパチンコにお金を使うことへの批判のコメントが見られました。
確かに多少の娯楽に使うことは問題無いと思いますが、パチンコは娯楽じゃなく賭博・ギャンブルですからね。
働かないでそこでお金を使うのはどうなんでしょう?
この別府市の対応に批判の声があることのほうが不思議なのは私だけでしょうか・・・(汗)
正義のコメントをお待ちしております。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP